健康管理にはドッグフードの質を勉強する必要がある

健康管理をするためには必要な栄養素について知っておく必要がありますが、犬にとって害のあるものも世の中にはたくさん存在するので、質の良いドッグフードを選ぶことができるように勉強しましょう。では、詳しくドッグフードを選ぶときに気を付けたいことなど選び方に関する情報を紹介します。

まず、ドッグフードには添加物と無添加の二つのタイプがあることを知っておきましょう。従来は添加物が含まれているドッグフードが多かったですが、近年では無添加も選ぶことができます。無添加なら添加物が含まれているドッグフードに比べると健康被害はほとんどありません。発がん性などもない為安全なドッグフードと言われています。健康管理にはドッグフードの安全性も大切なので注意して見ておきましょう。

また、穀物類が多く含まれていないかもチェックです。なぜ穀物類は犬にとって良くないのかですが、簡単に説明するとアレルギーや消化不良を引き起こしやすくなるからです。少量なら問題ありませんが、大量の摂取は好ましくないでしょう。できる限りグレインフリーのドッグフードを与えるのが基本です。

このように、健康管理には飼い主が質のいいドッグフードを選んであげることが重要です。

犬にとって必要な栄養素を知って健康管理を飼い主がしてあげよう

人間も同じですが犬も長生きをしていくためには健康管理が大切です。健康管理にはいくつか大切なことが上げられますが、その中でも食事は重要です。しかし、人間と犬が違う点としては犬は飼い主から与えられたものしか食べることができないことです。自分で買って作って食べることができないので、健康管理は飼い主がしなければなりません。その為、犬と一緒に生活をするなら最低限必要となる栄養素は確認しましょう。

犬にとって確実に必要となる栄養素としては5種類存在しています。1つ目は水分です。犬も人間と同じようにこまめな水分補給が必要です。水分が無ければ生きていくことができないので、飼い主は定期的に水が入っているかの確認をします。また、あまり水分を飲まない場合でも定期的に水の入れ替えはしてあげるのが基本です。

続いて2つ目はタンパク質です。これは食事から摂ることができる栄養素です。体づくりには欠かせない栄養素なのでしっかりと考えてドッグフードを選びましょう。

次に3つ目は脂質です。こちらもドッグフードから摂取できますが、脂質は多く取りすぎると肥満に繋がります。適度に含まれている食事を与えましょう。

4つ目はビタミンです。皮膚を強く保つためには必要な栄養素です。また、貧血にならないようにするためにも摂取する必要があります。

最後に5つ目はミネラルです。ビタミンと同様に体を整えるための栄養素です。ミネラルは良質なドッグフードを選ぶことで摂取できるので、タンパク質や脂質の他に考えたいポイントです。