健康管理をするためには必要な栄養素について知っておく必要がありますが、犬にとって害のあるものも世の中にはたくさん存在するので、質の良いドッグフードを選ぶことができるように勉強しましょう。では、詳しくドッグフードを選ぶときに気を付けたいことなど選び方に関する情報を紹介します。

まず、ドッグフードには添加物と無添加の二つのタイプがあることを知っておきましょう。従来は添加物が含まれているドッグフードが多かったですが、近年では無添加も選ぶことができます。無添加なら添加物が含まれているドッグフードに比べると健康被害はほとんどありません。発がん性などもない為安全なドッグフードと言われています。健康管理にはドッグフードの安全性も大切なので注意して見ておきましょう。

また、穀物類が多く含まれていないかもチェックです。なぜ穀物類は犬にとって良くないのかですが、簡単に説明するとアレルギーや消化不良を引き起こしやすくなるからです。少量なら問題ありませんが、大量の摂取は好ましくないでしょう。できる限りグレインフリーのドッグフードを与えるのが基本です。

このように、健康管理には飼い主が質のいいドッグフードを選んであげることが重要です。