人間も同じですが犬も長生きをしていくためには健康管理が大切です。健康管理にはいくつか大切なことが上げられますが、その中でも食事は重要です。しかし、人間と犬が違う点としては犬は飼い主から与えられたものしか食べることができないことです。自分で買って作って食べることができないので、健康管理は飼い主がしなければなりません。その為、犬と一緒に生活をするなら最低限必要となる栄養素は確認しましょう。

犬にとって確実に必要となる栄養素としては5種類存在しています。1つ目は水分です。犬も人間と同じようにこまめな水分補給が必要です。水分が無ければ生きていくことができないので、飼い主は定期的に水が入っているかの確認をします。また、あまり水分を飲まない場合でも定期的に水の入れ替えはしてあげるのが基本です。

続いて2つ目はタンパク質です。これは食事から摂ることができる栄養素です。体づくりには欠かせない栄養素なのでしっかりと考えてドッグフードを選びましょう。

次に3つ目は脂質です。こちらもドッグフードから摂取できますが、脂質は多く取りすぎると肥満に繋がります。適度に含まれている食事を与えましょう。

4つ目はビタミンです。皮膚を強く保つためには必要な栄養素です。また、貧血にならないようにするためにも摂取する必要があります。

最後に5つ目はミネラルです。ビタミンと同様に体を整えるための栄養素です。ミネラルは良質なドッグフードを選ぶことで摂取できるので、タンパク質や脂質の他に考えたいポイントです。