犬は人間が普段から食べているリンゴやバナナなどを与えることで健康管理をすることもできますが、人間が食べているものの中には犬にとって危険なものも存在しています。事前に飼い主が把握しておくことで危険が及ぶことはないので、知識がない方は特に食べてはいけないものを調べておくといいです。

実際に犬が食べてはいない食べ物は多いですが、その中でもネギ類は危険です。玉ねぎや長ネギなど種類は豊富ですが、これらは中毒を引き起こす危険が高い食べ物です。多く摂取し過ぎると手遅れになる可能性も高いので、与えないようにしてください。

またししゃもも気を付けた方がいいでしょう。犬に魚を与えても問題ないと思っている方もいますが、実はその中でもししゃもなどは塩分が通常の生魚の5倍は含まれていると言われています。塩分の過剰摂取は腎臓病のリスクを高めます。注意しましょう。

その他にもぎんなんもよくありません。ぎんなんにはメチルビリドキシンが含まれています。これもめまいや吐き気、嘔吐などを引き起こす中毒成分です。ぎんなんは人間が与える気はなくても秋の散歩などで勝手に食べてしまう可能性もあるので散歩の時でも注意が必要です。

食べてはいけないものは把握しておくと健康的な生活を送ることができます。